夫から別居中の妻に対する裁判上の和解離婚が成立した事例

妻が実家に帰り、夫が自宅で子2名を養育していることから、夫が妻に対し離婚調停を申し立てたが不成立に終わったため、離婚訴訟を提起した。
当事務所の弁護士は、夫側代理人として離婚の調停から訴訟まで一貫して受任し、夫による子の親権の取得、妻が子の養育費を支払うこと、夫名義の住宅ローン等を理由として妻に対する財産分与を0円とすること等を内容とする裁判上での和解離婚を成立させることに成功した。