子を養育中の男性親が女性親から子の引渡しを求められたケース

子を自宅で養育中の男性親に対し、別居中の女性親が家庭裁判所へ子の引渡しを求めて審判を提起した。依頼者の男性親が長年子を自己所有の自宅で養育し,子を女性親が引き取った場合に養育環境が著しく変更されて養育に支障を来すおそれがあること、男性親が安定した職業に就いていること等の事情を主張立証して、相手方の主張排斥、申立て却下の結論を得た。