親権を持たない実親の面会交流を実現した事例

離婚後、子の親権を有しない非監護親から、面会交流を要望する依頼を受けて、代理人として面会交流調停を申し立て、家庭裁判所内での試行的面会交流を経た上で、1カ月に1回程度の面会交流の実現を内容とする調停での和解を成立させた。面会交流案件については複数の成功例有り。