年金分割請求権の消滅時効完成まで1カ月の間に消滅時効の中断に成功した事例

相談者は、年金分割の合意を成立させないまま離婚して時間が経過し、離婚時年金分割請求手続を執るため当事務所弁護士へ相談した時点で、相談者の離婚成立から既に1年10カ月が経過していた。
そのため、当事務所弁護士は直ちに受任し、消滅時効完成まで残り1カ月の時点で家庭裁判所へ年金分割の割合を定める審判を申し立て、相談者の有する離婚時年金分割請求権の消滅時効完成を食い止めることに成功した。