養育費を適切な額へ減額することに成功した事例

離婚成立後、元妻から養育費請求の調停を申し立てられた元夫からの依頼を受けて、弊所弁護士が調停当初から代理人に就任して調停対応を行った。

本件当事者の給与額や生活費といった、本件に固有の事情を元夫側から主張立証した結果、請求時は1カ月5万円であった養育費を1カ月2万円へ減額することに成功した。